« 『おまえさん(上)』(宮部みゆき著) 江戸という時代に生きた生きるひとたちの時間をじっくりと堪能したい | トップページ | MtG: 【おもひでの1枚】『サイカトグ』(オデッセイ) 「激動」とのコンボは極悪。こういうコンボもMtGの醍醐味だと身を持って知りました »

2011年11月 4日 (金)

『おまえさん(下)』(宮部みゆき著) 江戸という街のひととひととの関係がなんとも広く、濃いものか

「王疹膏」という良く効く痒み止めの薬を売り出していた瓶屋の主人、新兵衛が斬り殺された事件は、天才的なひらめきをもつ美少年・弓之助による謎解きにより真相が明かされる。しかし、下手人は逃亡。平四郎たちが下手人にいかに辿り着いたか、が下巻の醍醐味である。江戸という街のひととひととの関係がなんとも広く、濃いものか。

「人は何にでもなれる。(中略)それでも、所詮は人なんだ。人でいるのが、いちばん似合いだ。」最近の宮部みゆきは、鬼や悪魔になったひとたちを描き続けた。『理由』『模倣犯』に続く作品群で、鬼や悪魔になったひとたちと、それにより不条理な目にあうひとたちの悲劇を描き続けた。しかし、宮部みゆきの持ち味は、初期の作品群のように、やっぱり、ひとをひととして描くことにあると私は思う。そして、それが現代ものではなく、江戸ものにしか描かれないことは、なんとも言えないやるせなさを感じてしまう。


« 『おまえさん(上)』(宮部みゆき著) 江戸という時代に生きた生きるひとたちの時間をじっくりと堪能したい | トップページ | MtG: 【おもひでの1枚】『サイカトグ』(オデッセイ) 「激動」とのコンボは極悪。こういうコンボもMtGの醍醐味だと身を持って知りました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ