« 『龍は眠る』(宮部みゆき著) デビューしたばかりの作家も、少年と同じ目線で悩みながら筆を進めたに違いない | トップページ | MtG: 【おもひでの1枚】『追放するものドロマー』(インベンジョン) マジックを始めた頃のおもひでの1枚。私にとって、最も愛すべきドラゴン  »

2011年10月27日 (木)

『昭和歌謡大全集』(村上龍著) 日常とは、サヴァイバルである。生きる、ということは生き延びる、ということだ

村上龍の最高傑作のひとつ。

夜な夜なカラオケパーティー 孤独なコンピュータオタクの若者6人グループと、名前がみんなミドリのおばさんグループが血で血を洗う抗争を繰り広げる様を、昭和を代表する歌謡曲にのせて描かれる。

最初の些細なキッカケが殺人という結果を生み、そこから復讐の連鎖が始まる。それは衝動的に繰り広げられるのではなく、ひとを殺す、という目的のために緻密な計画を練り、周到な準備をし、武器を手に入れ、誰にもばれないようにそれを実行に移す。そして、ひとを殺す手段は段々とエスカレートしていき、ひとりづつ殺していた方法が、複数まとめて殺す方法になり、そしてついには彼らの抗争には無関係なひとびとを巻き込んで、街ごとバクダンで吹き飛ばす、という手段に及んでいく。

それは、人類が戦争というものに突入していく過程と似ている。相手を滅するまで留まることができなくなり、そして、それを考え、実行していくことが楽しくなっていく。彼ら、彼女たちは、殺し合いをしていくことで、まるで生きがいを手に入れたかのようである。それは、個人レベルから国家レベルまで変わらないのかもしれない。

日常とは、サヴァイバルである。生きる、ということは生き延びる、ということだ。

« 『龍は眠る』(宮部みゆき著) デビューしたばかりの作家も、少年と同じ目線で悩みながら筆を進めたに違いない | トップページ | MtG: 【おもひでの1枚】『追放するものドロマー』(インベンジョン) マジックを始めた頃のおもひでの1枚。私にとって、最も愛すべきドラゴン  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ