« 『働かないアリに意義がある』 (長谷川英祐著) 役に立っていないと思われているもの=無駄なもの、ではない | トップページ | 『「おじさん」的思考』 (内田樹著) 沈みゆくタイタニック号の最後の救命ボートの最後の一席を「お先にどうぞ」と言えるような生き方ができるだろうか »

2011年8月24日 (水)

『GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐』 (桜庭一樹著)  GOSICKシリーズもついに完結。そしてヴィクトリカと一弥は新しい世界へ

GOSICKシリーズもついに完結。角川文庫で刊行されなければ、このシリーズと出会うこともなかっただろう。ありがとう角川書店。

監獄に幽閉され、その父ブロワ伯爵によって「オカルト兵器」としてその”知恵の泉”を利用されていたヴィクトリカを、その母コルデリアは身を挺して救い出す。ブロワ伯爵の手を逃れたヴィクトリカは亜細亜の島国を目指す。一方で、徴兵された一弥は「新しき世界」との戦いの場の最前線にいた。

ヴィクトリカは、「古い世界」から「新しき世界」へ向かう。それは囚われの身から、自分自身を解放する旅でもあった。そしてその旅の終わりには、、、

そして、それは、ヴィクトリカだけでなく、彼女の周りのひとびとの生き方を大きく変えることになる。ヴィクトリカの精神の解放は彼らの精神の解放でもあった。「新しい世界」は、味気なく感じるかもしれないが、それ以上に希望に溢れている。

ラストは、このGOSICKシリーズが次の局面に進むことを示しているが、私はこれは余計だったと思っている。これからこの本を読まれる読者には、「エピローグ」に進む前に、ヴィクトリカの最後の言葉の余韻を十分に楽しんでから、読み進めていただくと良いと思う。

GOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)BookGOSICKVIII下‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/07/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『働かないアリに意義がある』 (長谷川英祐著) 役に立っていないと思われているもの=無駄なもの、ではない | トップページ | 『「おじさん」的思考』 (内田樹著) 沈みゆくタイタニック号の最後の救命ボートの最後の一席を「お先にどうぞ」と言えるような生き方ができるだろうか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ