« 映画『告白』  公開当時には気づかなかったが、今話題の芦田愛菜ちゃんも出ていたのね  | トップページ | 『Born This Way』(レディー・ガガ) 最初から最後までフルスロットルで飛ばしまくり »

2011年8月 2日 (火)

『GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐』(桜庭一樹著)  ヴィクトリカが機械のような人形ではなく、生身の人間として動き出す

クリスマス、ヴィクトリカの15歳の誕生日。ヴィクトリカが所望したのは、15個の謎。一弥は15個の謎を集めるうちに、村に起こりつつある異変に気づく。
ついに、“2度目の嵐”がふたりの前に立ちはだかる。一弥は本国に強制送還され、ヴィクトリカは首都に監禁される。ヴィクトリカの父、ブロワ侯爵は、ヴィクトリカの「知恵の泉」を使い権力を握ろうとする。そして、一弥は徴集され戦場へ。

ヴィクトリカが機械のような人形ではなく、生身の人間として動き出す。

GOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)BookGOSICKVIII上‐ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2011/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いよいよ、次が最終巻。

« 映画『告白』  公開当時には気づかなかったが、今話題の芦田愛菜ちゃんも出ていたのね  | トップページ | 『Born This Way』(レディー・ガガ) 最初から最後までフルスロットルで飛ばしまくり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ