« 『特攻の島 2』(佐藤秀峰作) 彼らが、自らの命と引き換えにしたものは一体なんだったのだろうか | トップページ | 常盤貴子さん、イメージチェンジしすぎでしょう@花王アタックNEO »

2011年3月31日 (木)

『大局観 自分と闘って負けない心』(羽生善治著) 突き詰めると、”人生は突き詰めてはいけない”となる

私は小学生、中学生の頃はよく将棋で遊んでいた。将棋は父や弟とのコミュニケーションツールでもあったのだ。しかし、将棋の駒を触らなくなって久しい。将棋は9×9=81マスの盤上の世界がすべてである。チェスが盤上からどんどん駒が減っていくゲームに対し、取った相手の駒を自分の駒として使える、というのも良い。世界のすべてが盤上にある。

将棋は読み合いのゲームとも呼ばれる。プロの棋士は短い時間の中で何十手先、何百手先まで読むのだろうし、また、短い時間の中で、何十通り、何百通り、何千通りの展開を読むのだろう。

しかし、選択肢が多ければ多いほど、そこには迷いが生じるであろうし、可能性が高ければ高いほど、そこには落とし穴があるかもしれないし、ミスを犯しやすいとも言える。先が読めれば読めるほど、むしろ身動きが取れなくなってしまうかもしれない。

大局観とは、そういう先読みをする力ではなく、盤上を眺めた瞬間に、そういう先の展開を含めて状況を見通す力だと思う。

この本は、最後の最後に名文がある。

「私はこれまで、何と闘うという目標を立ててやってきていない。
信じていただけないと思うが、常に無計画、他力志向である。
突き詰めると『結論なし』となる。人生は突き詰めてはいけないと思う。何のために闘うのかは、七十歳になってからじっくり考えたいと思う。」

将棋ファン、羽生ファンは、著者の生涯現役宣言と捉えるかもしれない。私は”人生は突き詰めてはいけない”という部分に惹かれる。

大局観  自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)Book大局観 自分と闘って負けない心 (角川oneテーマ21)

著者:羽生 善治
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 『特攻の島 2』(佐藤秀峰作) 彼らが、自らの命と引き換えにしたものは一体なんだったのだろうか | トップページ | 常盤貴子さん、イメージチェンジしすぎでしょう@花王アタックNEO »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ