« 『売り方は類人猿が知っている』(ルディー和子著) 人間も進化の歴史から逃れられない。ヒトの本質と向き合おう | トップページ | 私の朝にはイヤホンとコーヒーと本は欠かせない »

2011年1月12日 (水)

『IQより大切な「頭の使いかた」』(ジェフ・ブラウン、マーク・フェンスク著) 忙しいときこそ、しっかり寝る。こんな時間にブログを書いているようでは成功者の脳は作られないのである

最近は、なんでもかんでも「ハーバード」ですね。この本にもちゃっかり”ハーバード成功のテキスト”などという原題にあるはずもない副題がついている。(そもそも、原題は、”The Winner's Brain”。直訳すると、成功者の脳、なのだけれども。)

冒頭に訳者である茂木先生が言葉を添えている。茂木先生によると、「本書を読めば、人生がダイナミックに動き出し、毎日『面白いこと』を楽しむうちに成果が上がり、かなえたかった夢が形になっていくでしょう。」とある。
果たして、どうだろうか。読んでみよう。

「ビジネスと人生を一瞬で好転させる五つの『頭の使い方』」
成功者の脳には次の5つの力がある。
 1.チャンスをつかむ力
 2.リスクに対する判断力
 3.目標を狙い定める力
 4.意欲を高める力
 5.才能を見きわめる力
成功者の脳は、常に『できる理由』を考える。

「いつも『タイミングのいい人』がやっていること」
目の前で起きていることにフォーカスすること。「よそゆき」の自分を作らないこと。できるだけ社会に関心を持ち、他人と関わろうとすること。

「『モチベーション』が限りなく湧いてくる!」
モチベーションは3段階で創りだされる。計画→回転→駆動。単純な作業でも、その中から新しいものを見出すこと。仕事を先延ばしにしたくないなら、具体的な内容にフォーカスすること。まずは小さいことから始めること。

「『集中力』を極限まで高める!」
「ピンポイントの集中力」と「ワイドな集中力」を状況に合わせて使い分けること。仕事を体で覚え、考えなくても動くようにすること。高度なスキルを身につけるには段階を踏んで身につけること。予行演習をすること。常に優先度をつけ、一番重要なことを決めておくこと。集中力を緩めた瞬間に斬新なアイディアが生まれることがある。

「どんなときも『感情を自在にコントロール』する」
感情は高ぶりすぎても、落ち着きすぎてもいい結果に結びつかない。

「すごい『先見力』が手に入る」
未来を想像するとき、脳は過去を思い出すときとほぼ同じ神経システムをはたらかせている。なので、できるだけたくさんの新しい経験を脳にさせると未来を思い描きやすい。

「逆境もチャンスに変える『リカバリー』術」
ミスをしてしまったら、ペースを落として軌道修正し、さらにミスを重ねることを防ぐこと。自分と違うタイプの人を思い浮かべて『あの人ならどうするだろう』と考えること。

「頭の『ベスト・コンディション』をつくる」
「適度な運動」「新しい経験」「脳にいい食事」「十分な睡眠」。忙しいときこそ、しっかり寝る。こんな時間にブログを書いていてはいけないのである。

IQより大切な「頭の使いかた」BookIQより大切な「頭の使いかた」

著者:ジェフ・ブラウン,マーク・フェンスク
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『売り方は類人猿が知っている』(ルディー和子著) 人間も進化の歴史から逃れられない。ヒトの本質と向き合おう | トップページ | 私の朝にはイヤホンとコーヒーと本は欠かせない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

分かりやすくまとめてくださって
ありがとうございます!!

最後の一文に笑っちゃいました(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« 『売り方は類人猿が知っている』(ルディー和子著) 人間も進化の歴史から逃れられない。ヒトの本質と向き合おう | トップページ | 私の朝にはイヤホンとコーヒーと本は欠かせない »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ