« 映画『リトル・ランボーズ』 ランボーに魅せられた少年たちの友情物語。その結末はぜひ、映画館で | トップページ | 『うたうひと』(小路幸也著) 音楽がつむぐ物語。そして音楽は、つながっていく »

2010年11月 8日 (月)

『内藤忍お金の話をしませんか』(内藤忍著) 蓄えるべきお金と、使ってもよいお金。そのバランス感覚をシッカリ身につけていきたいものだ

内藤忍さんの『日経マネー』誌での連載や対談などの記事をまとめたムック本。今はやめてしまったのだが、『日経マネー』は一時期、毎月買って読んでいた。こういうマネー誌は、どうしても目先のトレンドや小手先のテクニックの話題が多い。それは、短期でなるべく資産を増やしたいという読者が多いからだろう。私はそういうものには興味がない。

そんな中、内藤さんの連載記事は、言っていることがきわめてまっとうで、信頼できると思っていた。

内藤さんの進める資産運用は、「手間」をかけない、「時間」をかけない、「ストレス」をかけない、というのが、基本だ。そのためには、無理せず資産運用を続けられる「しくみ」を作ることと、大勝しようとせずに、平均点を狙って、「インディックス」投資を勧めている。

素人がいくら頑張ってもプロには勝てないし、プロの世界でも、勝つのが難しいのが投資の世界。だから、投資でひとを出し抜いて大儲けしようなどと考えること自体、間違っている。そしてその間違った戦略によって、ヒヤヒヤ、ドキドキ、オロオロすること自体、愚かしいことだ。

生きていく上で、お金は大切。だから、私たちはもっとお金についてフランクに、オープンに話をしてもよいと思う。この本のタイトルは、まさに、それ。

そして、お金は、いざというときに蓄えておくべきものだが、一方で、いざというときに蓄えておきすぎて、お金を使わないというのも、楽しみのない、味気ない生活になってしまう(楽しいことには、お金がかかるのです!)。蓄えるべきお金と、使ってもよいお金。そのバランス感覚をシッカリ身につけていきたいものだ。

内藤忍お金の話をしませんか (日経ホームマガジン 日経マネー)Book内藤忍お金の話をしませんか (日経ホームマガジン 日経マネー)

著者:内藤 忍
販売元:日経BP社
発売日:2010/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 映画『リトル・ランボーズ』 ランボーに魅せられた少年たちの友情物語。その結末はぜひ、映画館で | トップページ | 『うたうひと』(小路幸也著) 音楽がつむぐ物語。そして音楽は、つながっていく »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ