« 『身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる』(内田樹、三砂ちづる著) 身体感覚ゼロの私には、今さらそんなこと言われてもなあ、というのが正直な感想 | トップページ | 『ストロベリーナイト』(誉田哲也著) 切り裂かれる喉元 噴き出す鮮血 これを 生で 読みたい ひとだけ 読んで ください »

2010年11月16日 (火)

『スマイルズの世界的名著 自助論』(サミュエル・スマイルズ著) この本は、まさに”努力すれば夢はかなう”派のバイブル!

この本は2008年6月に読んだのだが、久々に読みたくなった。

『「スマイルズの世界的名著」という余計な冠がついているが、そんな野暮な文言ほど、この本にふさわしくないものはないだろう。この本は、様々な偉人の言葉やエピソードで満ち溢れているが、「天は自らを助くる者を助く」という冒頭の言葉にすべてが集約されている。「常に勤勉であること」、これが険しくも、唯一の成功への道である。』

以上は、2年半前の感想。ブログを書いていると、こういうときに便利。それはさておき。

この本は、”努力すれば夢はかならずかなう”派にとっては、まさに”バイブル”である。この本に書いてあることは、24時間365日、常に努力を怠らないこと。因果応報、努力すれば成功がついてくる、ということをこの本では、古今東西の偉人などを例にとって述べている。

巷にあふれる、「○○しろ」だの「××するな」といったタイトルのヘタなビジネス書を100冊読むよりは、この『自助論』を読んだ方がそのひとのためである。この『自助論』さえ繰り返し読めば、ビジネス書なんてものは読まなくてもよろしい、と言ってしまっても良いかとも思う。

さて、昨年の所謂、勝間・香山論争から、私は”努力”というものについてずっと考えている。私は努力してもムダだから努力しなくても良いとは言わない。しかし、努力しても夢はかなわないことがあるから、そういうことも想定しておきなさい、と若いひとたちには言いたい。

現在地(今の自分)から目的地(理想の自分)に到達するためにするものが努力というのであれば、例え目的地(理想の自分)に到達しなくても、それは目的地が間違っていたのだと思えばよい。目的地(理想の自分)に向かう途中で、違う目的地を見つけて歩く方向を変えても全然良いわけだし、同時に、あっちにもこっちにも行ってみたい、と思ったっても良い。

自分の可能性さえ信じることができれば、自分は”どこにでも行ける”。目的地はここだと、現在地(まだ自分の可能性を発見していない)で定めないほうが、いろいろなところに行けそうで、面白そうではないか。

しかし、自分の可能性を引き出すのは、”備え”と”蓄え”そして、”意志”である。これらはすぐには身に付かない。それを身につけるためにすることが”努力”というものではないだろうか。

ビジネス書が盛んに喧伝しているような、現在地(今の自分)から目的地(理想の自分)に向かって突き進むことを”努力”とは言わないのではないか、というのが、今時点の私の”努力”というものについての考えである。

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫Bookスマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

著者:サミュエル スマイルズ
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる』(内田樹、三砂ちづる著) 身体感覚ゼロの私には、今さらそんなこと言われてもなあ、というのが正直な感想 | トップページ | 『ストロベリーナイト』(誉田哲也著) 切り裂かれる喉元 噴き出す鮮血 これを 生で 読みたい ひとだけ 読んで ください »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ