« WiMAXの通信速度にご不満のあなた、USB延長ケーブルはいかがでしょうか | トップページ | 「工藤真由」ミニライブ@アリオ橋本 プリキュア以外の曲も歌う工藤真由さんを観てきました »

2010年11月 5日 (金)

『カツラ美容室別室』(山崎ナオコーラ著) 「疲れる女といるよりも、アパートで牛乳を温める方がいい。」なんて、残酷で真実なことばだろう

主人公が引っ越してきた高円寺にある、『カツラ美容室別室』。別室というのは、本店が九州の小倉にあるからで、しかし、この美容室の一番の不思議は、店長の桂さんがカツラをかぶっているという、笑えるが笑ってはならない事実。

この店で、主人公はエリちゃんという女性と出会うのだが、しかし、その関係は恋愛には向かわない。花見に行き、美術館に行き、映画を観に行き、主人公の部屋にお泊まりもあるが、しかし、「つきあってください」の一言が言えなかったばっかりに、彼らは恋愛には進まない。

ひとと関わっていなければ、自分というものの輪郭があいまいになる。だから、ひとはひとを求めるが、しかし、そこには”ためらい”がある。「つきあってください」の一言が言えなかったばっかりに、ひととひととの関係は変わっていく。

いや、そもそも彼らの出会いから、恋愛に進むようなものではなかったのかもしれない。いや、恋愛に進んだかもしれないし、そうでなかったかもしれない。ひととひととの関係は、はっきりこうだと言えるようなものではなく、あいまいなものなのかもしれない。そして、そういうあいまいな関係の中にも、いや、そういう関係の中にこそ、ドラマが潜んでいるのかもしれない。

「疲れる女といるよりも、アパートで牛乳を温める方がいい。」

この物語の中で、一番残酷で真実なことばだ。ひとはひとを求めるが、しかし、ときには求めたくも求められたくないときもある。


ところで、この物語を映像化したときのキャスティングを考えてみました。
主人公: 松山ケンイチ
エリ:市川実日子
桂:田山涼成
梅田:オダギリジョー
桃井:谷村美月

いかがでしょうか。

カツラ美容室別室 (河出文庫)Bookカツラ美容室別室 (河出文庫)

著者:山崎 ナオコーラ
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« WiMAXの通信速度にご不満のあなた、USB延長ケーブルはいかがでしょうか | トップページ | 「工藤真由」ミニライブ@アリオ橋本 プリキュア以外の曲も歌う工藤真由さんを観てきました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ