« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE』 リスクを冒すことは”破”ぶること | トップページ | 『LIAR GAME 13』(甲斐谷忍作) イス取りゲーム、ついに決着。最後の最後でまさかの展開に »

2010年9月24日 (金)

『Rのつく月には気をつけよう』(石持浅海著) ミステリィには、お酒と美味しい料理が良く似合う

ミステリィには、お酒と美味しい料理が良く似合う。

そこは場末のバー。マスターと中年3人組が美味しい肴や酒のうんちくを語りだす。過剰におりうんちくを語り終わったころ、マスターの目が怪しく光り、がそういえばこういう事件が、と話題を振る。事件を解決するのは、カウンターの奥で飲んでいた美人。おっと、これは鯨統一郎だった。失礼。失礼。

大学時代からの飲み仲間である、湯浅夏美と長江高明、熊井渚の三人は、不定期に長江の部屋に集まっては美味しい肴に酒を飲み交わす。彼らのルールは、誰かがゲストを連れてくること。気持ちよく酔いもまわり口が軽くなった頃、ゲストが語りだす謎を長江が解き明かす。

頭脳明晰で隙のないように見える長江をちょうこう→揚子江とあだなするあたり、なかなかセンスが良い。タイトル作である「Rのつく月には気をつけよう」はご察しのとおり、生牡蠣にまつわる話だが、先に挙げたバカミス作品とは違い、肴や酒のうんちくはほどほどで、謎解きもその場にいるひとたちが納得できるものであり、無理やり感はない。謎の解明とともにゲストは帰えるが、この飲み会は、なおも続く。

この物語の一番の謎は、実は熊井渚。ラストの飲み会の終わりには、ああ、そういことだったのね、と思わず納得してこの物語を読み終えることができる。

Rのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)BookRのつく月には気をつけよう (祥伝社文庫)

著者:石持 浅海
販売元:祥伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE』 リスクを冒すことは”破”ぶること | トップページ | 『LIAR GAME 13』(甲斐谷忍作) イス取りゲーム、ついに決着。最後の最後でまさかの展開に »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ