« 『不幸になる生き方』(勝間 和代著) 補助輪を外して、自転車に乗るためには、絶対に、いっぱいコケる。しかし、コケることを恐れていては自転車には乗れない | トップページ | twitterって、いまだに何なのか、よくわからない »

2010年8月17日 (火)

『シンデレラボーイ シンデレラガール』(橋本 治著) 世界は誰も動かしていない。なぜなら、世界を動かせるのは君だけだから。君が動けば世界は動く

18年ぶりに再読。この本は、橋本治の著書の中で一番好きな本だ。

この本の出だしは、まったく意味不明である。全く煙に巻くような物言いで、途中、突然、著者は逆ギレする。全く、意味がわからない。

しかし、この本の後半は素晴らしい。

世界は誰が動かしているのか? 世界は誰も動かしていない。なぜなら、世界を動かせるのは君だけだから。君が動かなければ世界は動かない、君が動けば世界は動く。

この言葉は、私に勇気を与えてくれた。私は希望を持って生きていっていいんだと思わせてくれた。

この本は、たぶん今は絶版になっているのだろうけど、ぜひ、どこかの出版社で再販してほしい。ポプラ文庫さんかソフトバンク文庫さん、いかがですか?

« 『不幸になる生き方』(勝間 和代著) 補助輪を外して、自転車に乗るためには、絶対に、いっぱいコケる。しかし、コケることを恐れていては自転車には乗れない | トップページ | twitterって、いまだに何なのか、よくわからない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ