« 『Classical Fantasy Within(第8話)』(島田荘司著) 第七話をいつ読んだのかすら忘れてしまった。。。てっきり中絶したと思っていたのに、再開しましたね | トップページ | CHIX CHICKS解散! それぞれ、これからも音楽の道を歩んでいくのだろうか。これからは個別に応援していくぞ »

2010年7月22日 (木)

『告白』(湊かなえ著) 映画がスゴイ映画だったので、原作本を読んでみた

映画『告白』はすごい映画だったので、原作本を読んでみた。

愛する者を奪われた無念は、その愛する者を奪った者にそれが愛する者を奪わされる、という形で復讐される。そして、それが、くだらない理由でひとの命を奪った者への”更生”の第一歩である。なーんてね。

怖い話だ。

ひとは誰かに認めてもらいたいと思う。しかし、自己顕示欲ばかりだと、結局、誰も認めてくれないし、何故認めてくれないんだ、というイライラが破滅的な行動に向かわせる。
誰かに認めてもらいたいならば、まず、自分が誰かを認めることから始めることだ。尊敬こそが、よりよい人間関係を作る。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)Book告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

著者:湊 かなえ
販売元:双葉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『Classical Fantasy Within(第8話)』(島田荘司著) 第七話をいつ読んだのかすら忘れてしまった。。。てっきり中絶したと思っていたのに、再開しましたね | トップページ | CHIX CHICKS解散! それぞれ、これからも音楽の道を歩んでいくのだろうか。これからは個別に応援していくぞ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

映画→原作

同じ流れ(笑)

原作は、実は「よく出来たサイコホラー」でサラっと読める。
サイコパス対復讐鬼みたいな。むしろ軽め。

映画のずっしり感はすごい。所々に、無視して通れない楔を打ち込んで、観る者の思考を金縛りにする。

例えば、あの慟哭。
例えば、あの逆回転(『アレックス』で使われた手法概念ではあるが)。

例えば、「なーんてね」。

この記事へのコメントは終了しました。

« 『Classical Fantasy Within(第8話)』(島田荘司著) 第七話をいつ読んだのかすら忘れてしまった。。。てっきり中絶したと思っていたのに、再開しましたね | トップページ | CHIX CHICKS解散! それぞれ、これからも音楽の道を歩んでいくのだろうか。これからは個別に応援していくぞ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ