« 『空白の叫び(上)』(貫井徳郎著) 私は少年の”心の闇”などというものに興味はない。こういう読者を相手にするブンガクシャは大変だろうね | トップページ | FWよりもMFが前にいて、最後はDFが最前線にいる日本のサッカーって、世界でオンリーワンだよね »

2010年6月18日 (金)

『空白の叫び(中)』(貫井徳郎著) 少年院を舞台にした第二部は読むに堪えない。久々に”速読”した

殺人を犯した3人の少年たちが少年院に入り、そして、”更生”して社会に戻ってくる。

第二部は、少年院での生活が描かれる。それはまさに非人間的な地獄絵である。貫井作品には、こういう嫌な思いを抱きながら読まなくてはならない場面がよくある。

こういうときは、”速読”である。私にとって、”速読”とは、読みたくもないものを読まなければならないときのためにある。

しかし、この苦行を抜けると、どうなるものか。貫井作品には、こういう苦行を強いてまでも読ませる力がある。恐ろしい。

空白の叫び(中) 空白の叫び(中)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« 『空白の叫び(上)』(貫井徳郎著) 私は少年の”心の闇”などというものに興味はない。こういう読者を相手にするブンガクシャは大変だろうね | トップページ | FWよりもMFが前にいて、最後はDFが最前線にいる日本のサッカーって、世界でオンリーワンだよね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ