« 『聖徳太子と日本人』(大山誠一著) 聖徳太子は存在しなかった。しかし、何故、聖徳太子という”発明”がなされ、日本人は聖徳太子を信仰してきたのか。そのことが興味深い | トップページ | 『家日和』(奥田英朗著)  どんなひとの人生にも、いろいろな転機がある。ひとは家に生まれ、家に生きる。家に生きるひとにはいろいろな風景がある。 »

2010年6月 9日 (水)

【本棚に残す3冊】 「もし、あなたの本棚にその作家(著者)の本が3冊しか残せないとしたら、あなたはどの本を残しますか?」 という企画を始めます

ちょっと、ネタにつまってきたので、企画モノをしてみたいと思います。

テーマは、

「もし、あなたの本棚にその作家(著者)の本が3冊しか残せないとしたら、あなたはどの本を残しますか?」

ルールは、これだけ。
・上下巻、上中下巻、全○巻は、1冊とみなします。ただし、全集、シリーズものは1冊とは見なしません。

さて、3冊残すとして、あなたはどういう選び方をしますか?

私なら、
・もう一度、読みたい本
・何度でも読みたい本
・読んだときの衝撃が強かった本
・思い出や思い入れのある本
・友人等に読んでほしい本
・その作家(著者)の代表作(所謂、テッパン)

という基準かな?

不定期になるますが、これから、このテーマで記事を書きたいとおもいます。

« 『聖徳太子と日本人』(大山誠一著) 聖徳太子は存在しなかった。しかし、何故、聖徳太子という”発明”がなされ、日本人は聖徳太子を信仰してきたのか。そのことが興味深い | トップページ | 『家日和』(奥田英朗著)  どんなひとの人生にも、いろいろな転機がある。ひとは家に生まれ、家に生きる。家に生きるひとにはいろいろな風景がある。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ