« いつかは行ってみたいな、ガンダムカフェ | トップページ | 『空白の叫び(中)』(貫井徳郎著) 少年院を舞台にした第二部は読むに堪えない。久々に”速読”した »

2010年6月17日 (木)

『空白の叫び(上)』(貫井徳郎著) 私は少年の”心の闇”などというものに興味はない。こういう読者を相手にするブンガクシャは大変だろうね

上巻は、3人の少年が、罪を犯すまで、の物語である。

少年犯罪が起きると、マスメディアは決まり文句のように、少年の”心の闇”という言葉を口にする。

しかし、私は、少年の”心の闇”なんてものに興味は、ない。そんなものを知ってどうしようとするのか、疑問だからだ。

起きてしまった犯罪に対して私たちが考え、行動すべきことは、その罪を犯した者にいかにその罪を償わせるか、ということと、もし、それが未然に防ぐことができたのであれば、それが二度と起こらないように、実現性のある対策をとることだ。

そして、マスメディアが騒ぎ立てる少年の”心の闇”を知ったところで、どうしようもない。

しかも、私たちは少年の”心の闇”というものを、本当は知っている。そして、知らないふりをして騒ぎ立てている。なぜならば、私たちはかっては少年だったからだ。

この作家が全力で描こうとしていることは、私たちが知っているくせに、知らないふりをしている、少年の”心の闇”について、である。

そういうものに向き合う作家というものは凄いなあ、と思う。それは、「そういうものを今さら”知っている”と言ってどうするの?」という声と向き合わなければならないからである。

空白の叫び(上) 空白の叫び(上)

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

« いつかは行ってみたいな、ガンダムカフェ | トップページ | 『空白の叫び(中)』(貫井徳郎著) 少年院を舞台にした第二部は読むに堪えない。久々に”速読”した »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ