« 『聖徳太子はいなかった―古代日本史の謎を解く』(石渡信一郎著) 記紀が隠してきた謎を解くにはタンテイ眼が必要だ。こういう議論が自由であることを望む | トップページ | 『上司は思いつきでものを言う』(橋本治著)は、”上司”を”総理大臣”に代えて読み直すと面白い »

2010年5月 5日 (水)

『プリズム』(貫井徳郎著)は、貫井作品の中で、一番好きな作品。6年ぶりに再読しました

貫井作品の中で、一番好きな作品。6年ぶりに再読。

小学校の女性教師の殺人事件を巡って、推理と容疑者が連鎖する。探偵が容疑者を暴き、容疑者が探偵となって違う容疑者を暴く。各章のタイトルからも、それが輪のように巡っていく。

貫井徳郎は、こういう作品も書けるんだけどなあ。

プリズム (創元推理文庫)Bookプリズム (創元推理文庫)

著者:貫井 徳郎
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『聖徳太子はいなかった―古代日本史の謎を解く』(石渡信一郎著) 記紀が隠してきた謎を解くにはタンテイ眼が必要だ。こういう議論が自由であることを望む | トップページ | 『上司は思いつきでものを言う』(橋本治著)は、”上司”を”総理大臣”に代えて読み直すと面白い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

« 『聖徳太子はいなかった―古代日本史の謎を解く』(石渡信一郎著) 記紀が隠してきた謎を解くにはタンテイ眼が必要だ。こういう議論が自由であることを望む | トップページ | 『上司は思いつきでものを言う』(橋本治著)は、”上司”を”総理大臣”に代えて読み直すと面白い »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ