« 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 音楽にも人生にも、最終楽章はない | トップページ | 『鹿男あをによし』は奈良という町が舞台なだけに、こういうのもアリと思わせるファンタジー »

2010年4月30日 (金)

桜庭一樹『私の男』の不気味さは、「私の男」がのっぺらぼうなところだ。

桜庭一樹の直木賞受賞作。

「私の男」と私の別れから、私と「私の男」との出会いまでを遡っていく物語。雨の銀座から暗い北の海に物語は遡って行く。

この物語の不気味さは、「私の男」がのっぺらぼうなところだ。まったく、この男はわけがわからない。そういう男に幼いころに囚われてしまった主人公。家族というものがわからずに、家族というものを作ろうとして、抜け出せなくなっていく。

なんとも、暗い物語だ。

私の男 (文春文庫)Book私の男 (文春文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 音楽にも人生にも、最終楽章はない | トップページ | 『鹿男あをによし』は奈良という町が舞台なだけに、こういうのもアリと思わせるファンタジー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 音楽にも人生にも、最終楽章はない | トップページ | 『鹿男あをによし』は奈良という町が舞台なだけに、こういうのもアリと思わせるファンタジー »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ