« 日経SYSTEMSの定期購読を始めました | トップページ | WiMAXを導入しましたが、WiMAXはまだまだこれからの通信手段かな? »

2010年4月15日 (木)

『GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー』 かくして、死神は金の花をみつける

桜庭一樹のGOSICKシリーズの番外編にして、ヴィクトリカと久城との出会いを描いた作品。

こうして語られると、彼らの出会いがいかに”必然”であるかがわかる。異国の地で殺人事件に遭遇し、犯人にされかけた少年。彼を助けるのが、湧きいずる”知恵の泉”を持て余す囚われの姫。

ひとはそれを求めるひとと出会う。

GOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)BookGOSICKs-ゴシックエス・春来たる死神ー (角川文庫)

著者:桜庭 一樹
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 日経SYSTEMSの定期購読を始めました | トップページ | WiMAXを導入しましたが、WiMAXはまだまだこれからの通信手段かな? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 日経SYSTEMSの定期購読を始めました | トップページ | WiMAXを導入しましたが、WiMAXはまだまだこれからの通信手段かな? »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ