« ゴールデンスランバー | トップページ | バンクーバー2010 »

2010年2月21日 (日)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』
万城目 学 (著)
ちくまプリマー新書

ちくまプリマー新書というのは、低年齢層も楽しめる新書、という位置づけなのだろうけど、書店ではビジネスなどの新書欄に置かれてしまい、どこか居づらそうだ。かといって、文芸新書はファンタジーノベルばっかりで、そこでも浮いてしまいそうだが。
とにかく、いまいち、その立ち位置が定まっていないために、読者の目にとまりにくい、という難点があるのではないだろうか。

さて、この『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』は、小学1年生の女の子かのこちゃんと、イヌ語がわかる猫マドレーヌ夫人の物語だ。

かのこちゃんやマドレーヌ夫人に訪れる出会いと別れ。

しかし、人間の住む世界と、猫たちの住む世界は、コトバの壁があるが故に交わることはないのだけれど、しかし、その壁をひょいと飛び越えられる瞬間が、イキで、感動的でもある。

ラストがとても切ない。


かのこちゃんとマドレーヌ夫人


« ゴールデンスランバー | トップページ | バンクーバー2010 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かのこちゃんとマドレーヌ夫人:

« ゴールデンスランバー | トップページ | バンクーバー2010 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ