« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | デフレと円高の何が「悪」か »

2010年2月 8日 (月)

勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32

『勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32』
勝間和代 (著)
日経BP出版センター

2008年、2009年のニュースというかトピックスを”勝間和代というフレームワーク”で観るとどう映るか、という本。

ものごとを”フレームワーク”で観る、というのは、ものごとを”自分の理解可能なものにする”、ということ。

しかし、時事評論(時評)として、こういう手法は”全く面白くない”。

時評の醍醐味とは、ものごとと自分との対話であると私は思う。あるものごとについて、「『それ』って、『これ』ですよね」と言ってしまうと、話はそこで終わってしまう。それ以上の展開は望めない。

そうではなく、「『それ』って、『あれ』ですよね」と言うと、「ああ、『あれ』ね。でも、『あれ』って、『あれ』じゃない」と話が広がって行く。

そういう展開は、第三者が横から聞いても楽しいものだ。”フレームワーク”に嵌める、というのは、「ああ、左様でございますか」で終わってしまう。


ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32

この本を読んで(というか見て)思ったのは、勝間さんは右顔の方がキレイに見える、ということ。これが一番の発見でした。


« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | デフレと円高の何が「悪」か »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代 ニュースの裏が読める思考のフレームワーク32:

« ベンジャミン・バトン 数奇な人生 | トップページ | デフレと円高の何が「悪」か »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ