« 松のひとりごと | トップページ | 2009年ONGAKU・ベスト3 »

2009年12月26日 (土)

花物語

『花物語』
橋本 治 (著), さべあ のま (イラスト)
ポプラ文庫

橋本治の四季を描く短編小説を、さべあ のまのパステル調のイラストが彩る、手にとって、読んで、見て、楽しい。

あとがきっぽい二人の対談では、日本人はビジュアルを尊重すると言いながらも、こういうビジュアルの本を残すのは大変であると指摘されている。ごもっとも。こういう本は残って欲しい。

ただ、橋本治の小説はとっても説明的だ。例えば、

「「きれいだな・・・・・・」と思うと、それだけで、ケンイチくんの頬は赤くなってしまうのです。「なんか、へんだな・・・・・・」と思って、でもケンイチくんは、「それでもいいや」と思いました。」(『秋のひまわり』より)

ご説明ありがとうございます、としか言いようがない。この一節は私は好きだけれど。


花物語


« 松のひとりごと | トップページ | 2009年ONGAKU・ベスト3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花物語:

« 松のひとりごと | トップページ | 2009年ONGAKU・ベスト3 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ