« 電波の城 9 | トップページ | 森高千里 »

2009年12月 1日 (火)

明日は昨日の風が吹く

『明日は昨日の風が吹く』
橋本 治 (著)
集英社

マドラ出版が出していた「広告批評」誌で連載されていた「ああでもなく、こうでもなく」。「広告批評」がなくなり、マドラ出版がなくなり、残りの「ああでもなく、こうでもなく」は本として出版されないのだなと諦めていた。

集英社さん、ありがとう。

この本は2部構成になっていて、第一部が1997年の連載開始からこれまで「ああでもなく、こうでもなく」として本になっていたもののダイジェスト。懐かしく読み返した。

第二部が”残りの”「ああでもなく、こうでもなく」。この連載も、橋本治の時評もこうして終わって行くのだなあ、と感慨深く読んだ。

解説の内田樹せんせいが述べられている通り、橋本治は”説明するひと”である。故に、橋本治の小説は、説明的であまり面白くないのだが、「ああでもなく、こうでもなく」のような時評はとっても面白い。

これで終わり、なのはとても残念だ。


明日は昨日の風が吹く




« 電波の城 9 | トップページ | 森高千里 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日は昨日の風が吹く:

« 電波の城 9 | トップページ | 森高千里 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ