« 山内一豊の妻の推理帖 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2009年12月31日 (木)

日本辺境論

『日本辺境論』
内田 樹 (著)
新潮新書

アメリカ論、中国論はあっても日本論はこれまでなかった、内田せんせいの日本論。

日本人ほど「日本人とは何か」を問い続けていきた民族はこの地球上でもかなりマレであるし、私たちはそれを問い続けるのだろう。
「世界標準」とか軍隊や核兵器をもった「ふつうの国」を目指すという不毛な努力をするよりは、日本や日本人は「辺境」「辺境人」であることを自覚して、「辺境」「辺境人」だからこそできることをしていこう、という姿勢は正しいと思う。

また、この本では「学び」や「機」、「日本語」についても言及されている。
特に「学び」の部分では、学ぶ前からそのアウトプット(報酬)を期待するのは「辺境人」の学びではない、という指摘されている。
昨今は、とかく効率や報酬を追求する「学び」が重宝されているようだが、一見非効率でどんな報酬が得られるのか判らない学びの方が、意外なアウトプットを得られて楽しいものだ。


日本辺境論


« 山内一豊の妻の推理帖 | トップページ | あけましておめでとうございます »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本辺境論:

« 山内一豊の妻の推理帖 | トップページ | あけましておめでとうございます »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ