« こんな日本でよかったね―構造主義的日本論 | トップページ | この本のブックオフ買い取り価格ハウマッチ? »

2009年10月11日 (日)

キラー・ヴァージンロード

『キラー・ヴァージンロード』
監督:岸谷五朗

俳優・岸谷五朗の初めての監督作。オープニングは演劇かミュージカルのよう。やっぱり自分のテリトリーから入っていくのだろう。

上野樹里(結婚式の前日に誤ってひとを殺してしまったドジ女)と木村佳乃(死にたいけど死ねない女)という女優の共演。

寺脇康文(殺される大家)のブキミさと木村佳乃のひざ蹴りがなんとも素晴らしい。

この映画の公式サイトはこちら


« こんな日本でよかったね―構造主義的日本論 | トップページ | この本のブックオフ買い取り価格ハウマッチ? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キラー・ヴァージンロード:

« こんな日本でよかったね―構造主義的日本論 | トップページ | この本のブックオフ買い取り価格ハウマッチ? »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ