« オールド・ファンの呟き | トップページ | モノレールねこ »

2009年7月23日 (木)

勝間和代・脳力UP

『勝間和代・脳力UP』
勝間 和代 (著)
講談社

帯や扉のお写真を見ると、かなりお疲れの様子の勝間さん。翻訳に携帯サイトの立ち上げに、かなりお忙しかったようですね。

この本は、まず、パズルの解き方を体系的に学ぶ、ということからスタートする。パスルを解くには「論理的思考力」と「水平思考力」が要求され、パズルはそれらを鍛えるには良い手段である、とまず、勝間さんは言う。

確かに、パズルを解くのは楽しい。私もこの本で、「頭の体操」や学習誌の付録のクイズ本で遊んでいたことを思い出して、面白った。

しかし、この本の最終目的は、勝間さんが立ち上げた携帯サイトの宣伝である。

私もパズルの有効性や楽しさは認めるけれども、勝間さんの携帯サイトにアクセスしようとは思わない。

勝間さんが立ち上げた携帯サイトで10000時間パズルを解いたとして、私たちの人生に何のためになるのだろうと思えてしまう。1日1時間、勝間さんの携帯サイトでパズルを解いたとして、27年5か月間! 27年5か月間、ひたすら訓練せよ、と言われても、訓練ばっかりやってても、私たちの人生に何の役にたつのだろうか、はなはだ疑問である。

勝間さんは、「日本人は時間貧乏」だと言うけれど、携帯電話で1日1時間、27年5か月間パズルを解くことの方こそ、時間の無駄使いではなかろうか。

私たちは、10000時間は携帯電話のサイトに使うべきではない。
私達は、パズルの解き方のコツ(「論理的思考力」と「水平思考力」)をさっさと習得して、それを実人生(仕事や家庭)の中の10000時間で、試行錯誤してみるべきだ。


勝間和代・脳力up


« オールド・ファンの呟き | トップページ | モノレールねこ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代・脳力UP:

« オールド・ファンの呟き | トップページ | モノレールねこ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ