« 橋本治という考え方 What kind of fool am I | トップページ | ほおずき地獄―猿若町捕物帳 »

2009年6月25日 (木)

世界経済はこう変わる

『世界経済はこう変わる』
小幡績, 神谷秀樹 (著)
光文社新書

キャンサーキャピタリズムと強欲資本主義の2人の対談。

「世界経済はこう変わる」という予測ではなく、「世界経済がこう変わればいいんなあ」といった希望を述べている。何しろ、アメリカ資本主義を追いかけるのはやめて、日本から”ルネサンス”を起こそう、というのだから。

しかし、その”ルネサンス”というものの実体がよくわからない。日本、日本人の良さ、強みを活かそう発想らしいが、あまりにも漠然としすぎている。

とどのつまり、キャンサーキャリタリズムだとか強欲資本主義に取って代わる、それを超える展望というものを描くのがとてつもなく困難なんだなあ、ということだけが、よく判った。


世界経済はこう変わる





« 橋本治という考え方 What kind of fool am I | トップページ | ほおずき地獄―猿若町捕物帳 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界経済はこう変わる:

« 橋本治という考え方 What kind of fool am I | トップページ | ほおずき地獄―猿若町捕物帳 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ