« 家計簿をつけ始めました | トップページ | ルビコンの決断 »

2009年5月28日 (木)

風に舞いあがるビニールシート

『風に舞いあがるビニールシート』
森 絵都 (著)
文春文庫

著者の作品は初めて読んだ。表題作の直木賞受賞作を含む短編集。

これらの短編は、”保留”する毎日の中において”小さな一歩”を歩き始めるひとたちの物語である。

決して大きな劇的な変化やドラマがあるわけではない。しかし、その小さな一歩が大きな一歩になるかもしれない、という予感を感じさせる作品たちである。

私は「器を探して」「犬の散歩」「ジェンレーションX」が良かった。「ジェンレーションX」の次の日曜日がどんな具合になったのか、その光景を想像するだけでも、楽しい。こういう読後感の良い作品が好きだ。


風に舞いあがるビニールシート


« 家計簿をつけ始めました | トップページ | ルビコンの決断 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風に舞いあがるビニールシート:

« 家計簿をつけ始めました | トップページ | ルビコンの決断 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ