« 人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法 | トップページ | ジオン軍の失敗 »

2009年5月19日 (火)

多読術

『多読術』
松岡正剛 (著)
ちくまプリマー新書

セイゴウさんという、その筋では有名らしい読書の達人による読書論。

読書とは著者がエンコードした暗号を読者がデコードする作業ではなく、著者と読者による意味の交換である、というあたりが良い。

速読を勧めず、多読を勧める。自分なりの読書モデルを持つ、というのもなるほどなあ、と思う。

私は著者ほど本が読める訳ではないが、こういうブログをさせてもらっているので、自分なりの読書モデルを確立していきたいものだ。


多読術



« 人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法 | トップページ | ジオン軍の失敗 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多読術:

« 人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法 | トップページ | ジオン軍の失敗 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ