« 夫はどこに消えた? | トップページ | 鴨川ホルモー »

2009年5月10日 (日)

小飼弾の 「仕組み」進化論

『小飼弾の 「仕組み」進化論』
小飼 弾 (著)
日本実業出版社

αブロガー、小飼弾氏の本。

20%で従来のしくみを回し、残り80%で新しいしくみを設計し実装することを主張している。

しかし、組織の中にいると、95%〜99%は従来のしくみを回す時間に費やされ、新しいしくみを設計する時間はほとんどとれそうにない。従来のしくみを徹底的に効率化しないと時間が確保できない。

常に新しいしくみを設計し実装することを模索していくことは、進化論においても正しい議論ではある。従来のしくみに安住する(何も変えようとしない)ことが、リスクが低いように思えて、実は生き残りの確率を下げている。実はリスクの高いことである。

個人と組織のベクトルがあっていないと、なかなか氏の主張するような状況は生まれにくいだろう。


小飼弾の「仕組み」進化論


« 夫はどこに消えた? | トップページ | 鴨川ホルモー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小飼弾の 「仕組み」進化論:

« 夫はどこに消えた? | トップページ | 鴨川ホルモー »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ