« 前田の美学 | トップページ | 冥土の土産に、、、 »

2009年4月 7日 (火)

少女七竈と七人の可愛そうな大人

『少女七竈と七人の可愛そうな大人』
桜庭 一樹 (著)
角川文庫

「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」少女の物語。

”たいへん遺憾ながら”という感覚そのものが素晴らしい。美しいということ自体、儚く、切なく、哀しく、だから私たちは美しいものに惹かれる。

しかし、主人公はそういう美しいものに惹かれるひとびとを全否定する。滅びてしまえ、と突き放す。

しかし、彼女のまた、その滅びてしまえ、と言っている世界の住人である。それを静かに受け入れながらも美しいものが朽ちるまで生きていこうとする物語である。


少女七竃と七人の可愛そうな大人


« 前田の美学 | トップページ | 冥土の土産に、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少女七竈と七人の可愛そうな大人:

« 前田の美学 | トップページ | 冥土の土産に、、、 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ