« 特打 | トップページ | 最近の居酒屋は安い? »

2009年3月31日 (火)

ビジネス書にありがちなタイトル

書店でビジネス書、新書の棚の前に行くと、「○○は○○しろ」とか「○○は○○するな」というタイトルの本が目立つ。

私のようなひねくれ者は、ビジネス書を読むひとは、「そんなに命令されたいのだろうか?」と思ってしまう。
学ぶ、ということと、命令される、ということは違う。学ぶ、ことは考えることだが、命令される、は考えなくても良い、ということだ。

確かに、ビジネス書を上梓しているひとはそれだけの実績や実力、知識や方法論、があるのだろう。

しかし、何故、彼らは命令したがるのか? 
そして、何故、読者は命令されたがるのか?

私にはまったく理解できない。
私のようなひねくれ者は、こういうタイトルの本に出会うと、読む前から「誰がお前なんかのいいなりになるか!」「お前は誰だよ、命令するなよ」と思ってしまう。

学びには謙虚さが必要である。しかし、謙虚さといいなりになるということは違う。「○○は○○しろ」とか「○○は○○するな」と言われて作者のいいなりになるのは、ある意味、著者の思うツボである。

いいなりになるのではなく、自分のライフスタイルを顧みて、「これは見習うべきだ、自分の生活に取り入れてみよう、まずはマネでも良いから始めてみよう」と思えるのであれば、積極的に取り入れるべきだ。”自分なりに”考え、取り入れてみるということだ。それは命令されてするものではない。

ビジネス書を読むコツは、反骨精神と謙虚を同時に合わせもって、読むことだと私は思う。”自分”という視点を決して忘れず、失わないことだ。


« 特打 | トップページ | 最近の居酒屋は安い? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス書にありがちなタイトル:

« 特打 | トップページ | 最近の居酒屋は安い? »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ