« 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない | トップページ | 夜の来訪者 »

2009年3月 6日 (金)

余命

『余命』
谷村 志穂 (著)
新潮文庫

映画化された作品を先に観たのだが、原作も読んでみたくなって買ってみた。普段はこういうことはあまりしないのだが、原作者の本を読んだことがなかったので、読んでみた。

映画では、主人公が命の洗濯ならぬ命の選択を迫られ、選択し、生きる様が描かれているが、原作では主人公がおっとに似た男の子が欲しいとか、子供が自分の生まれ変わり、といった主人公の気持ちが見える。原作は、より主人公の欲望、エゴもあからさまに描いている感を受ける。

こういう究極の選択には正解などないのだろう。正解がないのであれば、主人公の生き様にも賛否両論あるだろう。難しい問題だ。





« 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない | トップページ | 夜の来訪者 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 余命:

« 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない | トップページ | 夜の来訪者 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ