« Voice of EARTH | トップページ | WBC: 日本優勝! »

2009年3月23日 (月)

センチメンタル・サバイバル

『センチメンタル・サバイバル』
平 安寿子 (著)
角川文庫

どういう作品かは、著者自身があとかきで述べているので、まずあとかきを立ち読みしてから購入を考えた方が良い。

内容は、50歳近くのキャリアウーマンの叔母と、20代半ばのフリーター女子との対話や日常を綴った小説、というより、スナップショットという感じ。ぼーっとしていそうな女子が意外としっかり生きていて、しっかりしていそうな男子が意外とぼーっとしているのは世の常。

私は著者の想定される読者ではないようだが、案外と楽しんで読めた。しかし、想定されない読者を疎外するような著者の発言には、あとがきを読んでその楽しさが吹き飛んでしまった。

繰り返すが、購入を考えているひとは、まず、あとがきを読んでから決めよう。想定される読者には楽しめる、かもしれない。


センチメンタル・サバイバル


« Voice of EARTH | トップページ | WBC: 日本優勝! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: センチメンタル・サバイバル:

« Voice of EARTH | トップページ | WBC: 日本優勝! »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ