« BBH2008:見事、昇格しました。 | トップページ | 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 »

2009年3月16日 (月)

推定少女

『推定少女』
桜庭 一樹 (著)
角川文庫

もしこの文庫本がファミ通文庫の棚にあったなら、恐らく読むことはなかっただろう。そもそも私はファミ通文庫の棚の前に足を運ばない。

この作品は、ファンタジーを足元におきながらも、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』のような、見えない敵と戦う子供たちの物語だ。ここでも子供が大人になるということは生き残りをかけた戦いであることが読んで取れる。

見えない敵に銃を撃つ。青春というものはそんなものだったのかもしれない。

この角川文庫版には3つのエンディングがある。それぞれ違った印象を残す。


推定少女



« BBH2008:見事、昇格しました。 | トップページ | 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 推定少女:

« BBH2008:見事、昇格しました。 | トップページ | 面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ