« 罪とか罰とか | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »

2009年3月 9日 (月)

鴨川ホルモー

『鴨川ホルモー』
万城目 学 (著)
角川文庫

ホルモーってなんだ??? という興味から手に取ってみた。「鹿男あをによし」という不思議なドラマの原作者ということは知っていたが、その著書を読んだことがなかったので読んでみた。

それにしても、京都という町は、魑魅魍魎が跋扈する町のようだ。どこか、精神的な時代が止まっているかのように思える。そういう風土だからこそ、こういう文学が生まれるのではないか?

いや、いや、京都の悪口を言っているのではありませんよ。登場人物の精神性がどこか前時代的で、懐かしい感じもしたので。

案外面白かったので、またこの作家の本は読んでみたい。(ただし、文庫で。)


鴨川ホルモー



« 罪とか罰とか | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川ホルモー:

« 罪とか罰とか | トップページ | 生きてるだけで、愛。 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ