« 和田裕美の人に好かれる話し方 | トップページ | 余命 »

2009年3月 5日 (木)

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない

『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』
桜庭 一樹 (著)
角川文庫

「生き残った子だけが、大人になる。」

子供は無力である。砂糖菓子の弾丸で、生き残るために必死に戦おうとする。
主人公が”実弾”を手に入れることを切に願ったように。少女が自分が人魚でいつか泡のように消えることを切に願ったように。

出だしや文体から最初は少年少女向けに書かれた小説かと思ったが、とても切ない物語だった。

この作家の作品は初めて読んだが、他の作品も読みたくなった。


砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない


« 和田裕美の人に好かれる話し方 | トップページ | 余命 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

TITLE: Re:砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
SECRET: 0
PASS:

うわ!すごいタイミング。

私もこの作家の作品を初めて今読んでいます。

「少女には向かない職業」

倉橋由美子の「聖少女」の文庫版が再版されて、その解説を書いてた。これが今まで読んだどの解説、評論よりしっくりくるものだったので、かなり力量ある…というか感性の合う人だと思って。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない:

« 和田裕美の人に好かれる話し方 | トップページ | 余命 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ