« 余命 | トップページ | レバレッジ時間術 »

2009年2月23日 (月)

ゾラ・一撃・さようなら

『ゾラ・一撃・さようなら』
森 博嗣 (著)
講談社ノベルス

「これが新感覚ハードボイルド!」だそうだ。表紙イラストがわたせせいぞうだから新感覚なのか、表紙イラストがわたせせいぞうだからハードボイルドなのか、まあ、どちらでも良い。

森博嗣の文章にはいらいらさせられることが多い。たとえば、主人公が友人に貸し手いる車を引き取りに行く場面を引用する。

『「悪いところはない?」と友人に尋ねたら、
「最高だよ」と彼は答えた。
 悪いところが最高なのか、それは大変だと一瞬思ったが、国語の文法が苦手な男ではなく、ほとんど人の話を聞かないタイプなのだ。』

 お前こそ、国語の文法が苦手で人の話を聞かないタイプだよ、とつっこみたくなる。こういうやりとりを延々と繰り返すことが、新感覚ハードボイルドということ、らしい。

 しかし、単発の森作品の中では、比較的にまっとうな主人公である。


ゾラ・一撃・さようなら


« 余命 | トップページ | レバレッジ時間術 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゾラ・一撃・さようなら:

« 余命 | トップページ | レバレッジ時間術 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ