« 地ビール | トップページ | ウォーキング考 »

2009年1月 9日 (金)

顔のない敵

『顔のない敵』
石持 浅海 (著)
光文社文庫

顔のない敵、とは”地雷”のことである。著者の”地雷”に纏わる一連の作品集+処女作の組み合わせによる本。

著者があとがきで書いているとおり、最初は”地雷”を凶器として使えないか、という発想から、著者が地雷について調べていくうち、地雷というものを安易な覚悟で扱ってはならない、という気持ちが生まれたのがうかがえる。

地雷除去のNPO団体、地雷という恐怖におかえる国のひとびと、地雷を作る会社、どれが善でどれが悪か、と二分論で論じられるのではなく、それぞれに善があり悪もある。この作者に一貫している姿勢は、こういうフェアなものごとのとらえ方だろう。

石持浅海、最近好きな作家のひとりである。


顔のない敵


« 地ビール | トップページ | ウォーキング考 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔のない敵:

« 地ビール | トップページ | ウォーキング考 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ