« Magic Time | トップページ | この島でいちばん高いところ »

2009年1月20日 (火)

夜は短し歩けよ乙女

『夜は短し歩けよ乙女』
森見 登美彦 (著)
角川文庫

成就した恋の話ほど野暮な話はない。これはその野暮な話である。

「黒髪の乙女」もしくはダルマ姫と、彼女に恋した名もなき「先輩」こと路傍の石ころもしくは偏屈王との恋の話である。

先輩は乙女との距離を埋めるべく、じわじわと彼女に近づいていくが、魑魅魍魎に阻まれてなかなか彼女に到達できない。同じ時間、同じ場所にいながら、彼女との距離は全く縮まらない。そんなドタバタが最初から最後まで展開する。
そのドタバタぶりは、どこか、「うる星やつら」や「究極超人あ〜る」の世界とも通じるものを感じる、だっちゃ。

この本は漫画にもなっているし、今度は演劇にもなるそうだ。劇中劇もあり、個性的な登場人物に溢れているので、演劇向きな作品とも言えるだろう。


夜は短し歩けよ乙女


« Magic Time | トップページ | この島でいちばん高いところ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女:

« Magic Time | トップページ | この島でいちばん高いところ »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ