« ゴーン道場 | トップページ | 年収防衛 »

2008年12月 1日 (月)

狼の寓話

『狼の寓話―南方署強行犯係』
近藤 史恵 (著)
徳間文庫

『黄泉路の犬』が気に入って南方署強行犯係シリーズの第一弾を読んでみた。

このテーマは、ドメスティック・バイオレンスである。その蟻地獄のような場から抜け出すことのできない悲しみが心に残る。もっと良い方法があったのではないか、と思えて、何だかやるせなさが残る。

私はこの作家の梨園ものはあまり好きではないが、整体師シリーズやこのヘタレ刑事シリーズは好きだなあ。


« ゴーン道場 | トップページ | 年収防衛 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 狼の寓話:

« ゴーン道場 | トップページ | 年収防衛 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ