« アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない | トップページ | 巴之丞鹿の子 »

2008年12月23日 (火)

美しい時間

『美しい時間』
小池 真理子, 村上 龍 (著)
文春文庫

最近はすっかり経済評論家みたいになってしまった村上龍。久々に村上龍の小説を読んだ。

「冬の花火」に象徴される人生の儚さ。ステッキのディテイルを延々と語ることによって、「格差」というものを描く。

医療費が払えない、良い入れ歯や眼鏡が買えない、そんな現実に地団駄を踏み、涙を流すのが「格差」の実態なのだと。そしてその「格差」の実態が語られないことが問題なのだと、作家は語る。

美しい時間





« アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない | トップページ | 巴之丞鹿の子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しい時間:

« アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない | トップページ | 巴之丞鹿の子 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ