« スカイ・イクリプス | トップページ | ウォーキング継続中。しかし、、、 »

2008年12月 4日 (木)

バスジャック

『バスジャック』
三崎 亜記 (著)
集英社文庫

私はショートショートをあまり読まない。

私がショートショートを読まない理由は、作者の”ひとりよがりな”世界を押し付けられるような気がするからだ。

小説が何ページもかけて描く世界を僅か数ページで表現しなければならないのだから、ショートショートを書く、ということは作者にとってもハードルの高いものではないだろうか。ページが少ないからと言って、安易に書けるものではないはずだ。

さて、本書の表題作は、「バスジャック」が娯楽としてブームになった世界である。そういう世界が成立する(そういう世界を成立させようと作者と読者が共同する)のがショートショートなのだろう。


« スカイ・イクリプス | トップページ | ウォーキング継続中。しかし、、、 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスジャック:

« スカイ・イクリプス | トップページ | ウォーキング継続中。しかし、、、 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ