« ラースと、その彼女 | トップページ | 美しい時間 »

2008年12月22日 (月)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

『アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない』
町山 智浩 (著)
文藝春秋

アメリカの無知と横暴を笑う本? 笑えるのかな?

ここで紹介されているアメリカ、アメリカ人が標準的な姿なのかどうか、ちょっと判断がつきにくい。あまりにも極端な例ばかり取り上げているような感じもする。

しかし、アメリカの病は、世界全体に伝染してしまっている。
アメリカのビッグ3の自動車会社が、「俺達を救わないとアメリカは潰れるぞ」と脅しをかけている姿がニュースで伝えられると、それはすなわち、「俺達を救わないと世界は潰れるぞ」と脅しをかけているアメリカの姿と重なって見える。

顧みて、グローバリゼーションという荒波の真っただ中に、あまり何も考えず、アメリカについて飛び込んで行った、我が国日本。この本で紹介されているアメリカの姿が、近い将来の日本の姿にならないようにしたいものだ。

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない



« ラースと、その彼女 | トップページ | 美しい時間 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない:

« ラースと、その彼女 | トップページ | 美しい時間 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ