« 訪問者ぶたぶた | トップページ | 天国はまだ遠く »

2008年12月11日 (木)

知に働けば蔵が建つ

『知に働けば蔵が建つ』
内田 樹 (著)
文春文庫

著者のブログからの時評集。今から4、5年前の時評でありながら、今に通じるものを感じさせる。ちょうど『街場の中国論』の時期とかぶるのか、小泉元総理の靖国参拝や中国の反日運動なども扱われている。

特に、憲法第9条についての考察が面白い。”普通の”国になるメリットは? と問われて国民に説明できる政治家がどれだけいるのだろうか?


« 訪問者ぶたぶた | トップページ | 天国はまだ遠く »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知に働けば蔵が建つ:

« 訪問者ぶたぶた | トップページ | 天国はまだ遠く »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ