« I Am… Sasha Fierce | トップページ | 2008年を振り返って »

2008年12月30日 (火)

チャイルド44

『チャイルド44』(上・下)
トム・ロブ スミス (著), 田口 俊樹 (翻訳)
新潮文庫

2008年の「このミス」海外部門第1位の作品。

スターリン時代のソヴィエト時代。理想の国家には殺人など存在しない、という恐るべき思想のもと、子供を狙った連続殺人が粛々と行われている。

それに対し、理想の国家に身も心も捧げる捜査官レオは、その信念が揺らいだ隙をつかれて失脚するのだが、そこで初めて人間としての姿を取り戻す。

暗い時代背景に、薄氷を踏むように生きているひとびと、そんな中で活動するレオとその妻の姿がスリリングに描かれている。私はあの時代のあの国に生まれなくて本当に良かったと思えました。

ややラストが甘い気もするが、人間が人間として生きれなかった時代の恐怖というものがひしひしと伝わってくる作品だった。


« I Am… Sasha Fierce | トップページ | 2008年を振り返って »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャイルド44:

« I Am… Sasha Fierce | トップページ | 2008年を振り返って »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ