« 吉高由里子のあいうえお | トップページ | 東京バンドワゴン »

2008年11月11日 (火)

尻啖え孫市

『尻啖え孫市 新装版(上) (下)』
司馬 遼太郎 (著)
角川文庫

信長をさんざん苦しめて天下統一を阻んだ、というか、さんざんおちょくった男、雑賀孫市に興味があって読んでみた。

司馬遼太郎の小説は、途中途中で作者が出てきて、物語の世界からこの世界に引き戻されるのが難点だ。もっとも、小説家が書いた小説というよりジャーナリストが書いた小説、と思えば良いのか。
信長が諸国の大名よりいち早く京に上れたのは地の利があったからだ、とか、仏の為に戦って死ねば極楽浄土に行けるという教団の欺瞞をあっさり言ってのけるところなどはさすがだと思うけれども、小説は小説として楽しみたいものだ。


« 吉高由里子のあいうえお | トップページ | 東京バンドワゴン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尻啖え孫市:

« 吉高由里子のあいうえお | トップページ | 東京バンドワゴン »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ