« アラーラの断片 初プレイ | トップページ | 私家版・ユダヤ文化論 »

2008年11月14日 (金)

ザ・チョイス

『ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!』
エリヤフ・ゴールドラット (著), 岸良 裕司 (監修), 三本木 亮 (翻訳)
ダイヤモンド社

『ザ・ゴール』のエリヤフ・ゴールドラット博士の久々の本。ゴールドラットといえば、TOCだが、TOCとは東京卸売センターの略ではない。念のため。

今回は、事例を交えながらも、どこか思索的というか哲学的だ。しかし、それは「ひとはもともと善良である」「ものごとはそもそもシンプルである」という信念で貫かれている。そして、その手法として、『ザ・ゴール』から一貫してボトルネック(クリティカル)に注力することを主張する。

しかし、なぜ、なぜ、を繰り返せとか、それってトヨタじゃん、カイゼンじゃん、とも思ってしまった。日本人はもっと自分の足元に気を配るべきだね。


« アラーラの断片 初プレイ | トップページ | 私家版・ユダヤ文化論 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザ・チョイス:

« アラーラの断片 初プレイ | トップページ | 私家版・ユダヤ文化論 »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ