« 最後の「ああでもなくこうでもなく」 | トップページ | Jennifer Hudson »

2008年11月 6日 (木)

青葉の頃は終わった

『青葉の頃は終わった』
近藤 史恵 (著)
光文社文庫

この作家にしては珍しく性的な要素が濃い作品だ。歌舞伎シリーズが性的なものを遠ざけているような気もするのでなおさらそう感じる。

物語は、大学時代の仲良しグループの1人が飛び降り自殺したことから始まる。何故、彼女は死んでしまったのか?このミステリィはその犯人捜しなのだが、実行犯ではなく、心理的に彼女を追い詰めてしまった犯人を捜す。

仲良しグループに見えてしかし、お互いがお互いに正面から向き合えているのか、かなり辛口な物語になっている。



« 最後の「ああでもなくこうでもなく」 | トップページ | Jennifer Hudson »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青葉の頃は終わった:

« 最後の「ああでもなくこうでもなく」 | トップページ | Jennifer Hudson »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ