« 私がクマにキレた理由 | トップページ | FUNKAHOLiC »

2008年10月13日 (月)

クラリネット症候群

『クラリネット症候群』
乾 くるみ (著)
徳間文庫

『イニシエーション・ラブ』『リピート』に続いて読んだ。「マリオネット症候群」と「クラリネット症候群」の2つの作品が収録されている。

「マリオネット症候群」は、SFコメディとも言える作品だ。イタコ現象の連鎖という展開は先読みできたが、コメディとしか思えない。


「クラリネット症候群」はとっても大事にしていたクラリネットが壊れてしまったことから巻き込まれる事件だが、すべての読者がクラリネットの指使いや音符が読めるわけではなく、つまり謎解きの要素はないが、脱字だらけの文章は読むのに疲れた。


« 私がクマにキレた理由 | トップページ | FUNKAHOLiC »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラリネット症候群:

« 私がクマにキレた理由 | トップページ | FUNKAHOLiC »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ