« 哲学探偵 | トップページ | オンリーワンは創意である »

2008年10月 1日 (水)

ねむりねずみ

『ねむりねずみ』
近藤 史恵 (著)
創元推理文庫

近藤史恵の梨園にまつわるミステリィもの。これらの作品を通じて、三階とか中二階といった言葉の意味を知ったが、それだけに、小菊の切なさが伝わってくる。


私は歌舞伎を見たこともない非文化人なので、あまり歌舞伎の世界ドップリなのよりも、むしろ、これくらいの深さの方がすんなりと受け入れられる。

舞台の上の世界の恋、人生と、舞台を降りた世界の恋、人生。後者のものたちが抱く疎外感、というのが物語のベースにある。


« 哲学探偵 | トップページ | オンリーワンは創意である »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ねむりねずみ:

« 哲学探偵 | トップページ | オンリーワンは創意である »

フォト

他のアカウント

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

気になる、気になる

  • ざっくばらん坊 on twitter
  • amazon
  • blogram
  • 人気ブログランキング
無料ブログはココログ